本邦のセックス回数は外国に比較して低い傾向が有ります。



日本人と性行為頻度

新宿でばいあぐらなら新宿ライフクリニック。


【日本人と性行為頻度】
日本人の性行為頻度は国際的に低い傾向が有り、 同じアジア内で比較しても、なお低い傾向が有ると報告されています。 またこうした日本人の性行為の頻度の低い傾向は日本国内の県によっても差異が有り、 頻度の高い県、また少ない県が存在します。 国際的なセックスの統計調査でありGloval sex surveyにおいては、 日本人のセックスの回数は月に換算して3.8回/月と報告されています。
日本人は国際的に性行為の頻度が少ない傾向が有ります。 それは確認できる限りにおいては、昔からというよりもむしろ近代からの傾向のようで、 特に高度経済成長以降に顕著な傾向と思われます。
日本人には古来、おおらかな性の文化が有りました。 時代劇などでもおなじみの遊里、岡場所等の施設や、 北斎、歌麿、清長、写楽などによる浮世絵春画など、 外国の性の文化とは、また方向性を違えつつも、 古来の日本人には性に対して肯定的な風潮があったようです。
しかし二度に渡る大きな世界大戦、またその後の敗戦国から高度経済国家への道筋の中で、 日本人固有の性文化はその有り様を大きく変えていき、 いつの間にやら、日本人は自他ともに認める国際的にも性行為頻度が少ない民族となってしまいました。
文化的な変遷だけなら、それは時代の移り変わりというもので、 多勢に大きな影響はないものかも知れません。 しかし、その傾向は少子高齢化が高度に進行しつつある日本のような国に見られる場合においては、 先々の国力の低下を招き得るという意味合いで国策上も大きな問題であり、 喫緊の対策が求められるものかも知れません。
とくに最近の日本人の若者においては、性行為離れが顕著に進行していると報告されている事も有り、 事によると現在の傾向は事象の結果でなく、いまなお進行中の過程を見ているという可能性が有り、 日本人の性行為頻度の低下は、今後さらに進行していく可能性も大きく危惧されます。
ただ社会的にセックスを啓蒙する事は非常に難しく、 それが性犯罪を助長してしまったり、 また出産・育児上の問題を副次的に生み出す可能性も有ります。
少子高齢化の進行を抑制すべくセックスの正しい啓蒙を図る上では、 日本国の現状を性格に把握する事が何より大切と思われます。 本稿においては、日本人における性行為頻度等の介入調査の報告、 ならびに性行為頻度等の世界的統計調査の報告を軸に、 日本人のセックスの回数が少ない理由に対しての考察、 そして今後の日本人のセックスの回数に関して思う所を記載させて頂いております。 どうぞ、ご参照くださいませ。


【介入調査の報告 また世界的統計調査の報告】
本邦における介入調査において、 284名の男性における性行為頻度など性行為の調査をしたものが有ります。
性行為頻度に関してはやはり年齢的な勾配が存在しており、 20代が4.9回/月、30代が3.4回/月、40代が2.3回/月、 50代が3.4回/月だったとの事です。30~40代、 とくに40代での性行為頻度の低下は顕著であり、 これは労務量など仕事に関連した影響や、 家庭内における児童の存在など、 その年代固有な複数の影響因子が想定されます。
年齢区分を廃した、総体の平均としての性行為頻度は3.1回/月だったとの事です。
この集団におけるセックス開始の年齢は平均20.4歳であり、 一方の自慰行為の開始時期は平均14.0歳との事でした。 自慰行為とセックス開始の年齢の差は、 我々の社会が性においてある程度健全である事の証左とも考えられます。
一方、国際的なセックスの統計調査であるgloval sex surveyにおいては、 日本人は全体として平均46回/年の性行為頻度であると報告されており、 これは月に換算して3.8回/月の平均性行為頻度となります。
国際的な統計調査による性行為頻度の平均と、 前出の介入調査における性行為頻度の平均に比較的大きな差異が出たことには、 推測される理由が有り、 前出の介入調査が施行された首都圏つまり東京とその周辺を合わせた環境においては、 実は都道府県別の調査によると、他の地域に比較してセックスの回数が少ない傾向が示唆されています。
その事が影響してgloval sex surveyにおける全国の性行為頻度の平均値と、 首都圏における性行為頻度の平均値に差が生じたものと考えられます。


【何故に日本人は性行為頻度が少ないのか?】
何故に日本人は性行為頻度が少ないのか?
これを解き明かすヒントには、 都道府県別の調査における性行為頻度において、 地域によって、その回数に差が有る事が役に立つ可能性が有ります。
日本人内でも地域によって性行為頻度に差異が有る。 これは気候、経済、人口、人口密度など地域差のある因子が、 性行為頻度に影響を与えている可能性が示唆されます。
実際に都道府県別の性行為頻度の調査と都道府県における人口などの各パラメーターを比較してみると、 統一的な傾向として県民所得が多い県においては、 性行為頻度が少ない傾向が見受けられます。
これは所得が多い事を、就労時間が多い事とリンクして考えると非常にわかりやすく、 実際にセックスレスの調査における別の報告においては、 夫の週あたり60時間以上の長時間労働はセックスレスの発生に相関しやすいと、 発表している報告も有ります。
つまり就労における時間の長さや、 それに伴う肉体的・精神的ストレスは性行為の頻度の維持に、 悪影響を与える可能性が示唆されると言うことです。


【日本人と性行為頻度の今後】
就労時間と業務効率は必ずしも相関関係には有りません。 しかしおよそ様々な職種において、 長い時間残って仕事をする事は奨励されないまでも、 職場内のコモンセンスの中で比較的「良いもの」として認識されている傾向は、 この日本においては比較的強いと思われます。
しかし業務効率などに貢献しない就労時間の長期化は、 意味なく奥様、恋人とお過ごしになる時間を短縮させて、 性行為頻度を削減させてしまう可能性が高いと思われます。
挙児希望が有るにも関わらず、性行為の頻度が少ない方は、 就労時間と業務効率に関して検討を加え、しかるべき上席と相談される事は、 非常に有意義である可能性が有ります。
そして就労時間が短くても業務効率に悪影響を与えないと言う結論に至り、 また業務時間を短くする事で職場の人間関係や、 職場からの自分への評価などに特に影響を及ぼさない状況においては、 勇気をもって就労時間を短縮してみる事も一つの選択と言えるでしょう。


written by 新宿でれびとらなら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠