ビタミンの重度の欠乏は、死を招く事も有ります。



にんにく注射と壊血病について


【にんにく注射と壊血病】
中世、大航海時代における長距離航海の船乗りの死亡率は実に60%以上! と非常に凄惨極まりないもので、 その原因の主体に、ビタミンCの重度の欠乏により発生する疾患:壊血病があったとされています。
この壊血病の予防には新鮮なレモンやオレンジなどのかんきつ類が必要である事が分かったのは、 大航海時代も終盤の1753年であり、 それまでの航海においてはこうした栄養学的な知見の無さから、 それこそ莫大な数の犠牲者が出ていたとの事です。
当 新宿ライフクリニックスーパーにんにく注射に、 含まれるビタミンC。 この成分はにんにく注射の滋養強壮の主原料であるビタミンB1と並び、 体にとって非常に重要な栄養素であり、それゆえ必須栄養素とも言われています。
これら、ビタミンB1やビタミンCなどの必須栄養素は、 人間の体の中で合成する事がどうしても出来ないもので、 それは必ず外部から、おもに食料という形で摂取する必要が有るものです。
こうしたビタミンB1やビタミンCなどの必須栄養素の極端な欠乏は、 人体の重要な代謝システムなどの運行を阻害して、 ひどい時には重度の後遺症を残したり、 もっと悪ければ死亡したりすることも有ります。
さすがに飽食の現代日本においては、 こうした必須栄養素の不足で亡くなるような事は、 特殊なケースを除いてはかなり減少したと言って良いと思われますが、 飢饉や内戦にあえぐ他国においては、これは今も直面している厳しい現実の一つです。
しかし現代日本などの先進国においても、 そこまでひどい栄養失調は一般的では無いにしても、 都心部のハードワーカーを中心に、栄養摂取機会の低下や体内要求量の増加に伴う、 ビタミンなどの必須栄養素の相対的不足が、 常に継続する全身倦怠感や不快感などの不定愁訴に繋がっている事は頻回に目撃されます。
当 新宿ライフクリニックの「にんにく注射」、「スーパーにんにく注射」、 「プレミアにんにく注射」はこうしたビタミンB群またビタミンCなどの必須栄養素を効率よく、 素早く、お手頃に投与する非常に安全域の広い医療プログラムであり、 都心部のハードワーカーなどを想定して作られた必須栄養素の効果的摂取方法になります。
もちろん中世世界にはこうした効率の良い必須栄養素摂取の方法が無かったことも有り、 栄養摂取不良の弊害が現代に比べものにならない位、多かったであろう事は否めません。
その際たるものが今回、ご紹介させて頂く中世、大航海時代に頻発した壊血病であり、 この疾患は特殊環境における、重度のビタミンC欠乏による致死的な疾患であり、 これを防ぐ為には、高価な薬品などが必要なのではなく、 地上では有り触れた新鮮な果実、つまりオレンジやレモンが必要になります。
本項ではこうした壊血病と良質なビタミン補給を主目的とした 「にんにく注射」に関して記載しております。 どうぞ、ご参照くださいませ。


【壊血病とは】
恐ろしい事に15世紀から17世紀にかけてのヨーロッパの大航海時代においては、 遠洋航海に出かける船乗りの60%以上が壊血病という、 当時としては謎の病気で死んでいたとの事です。  参加者の60%以上が死ぬ航海…、 これは我々の想像をはるかに超える、まさに「死の船出」ですが、 こうした事態を前にしても、 勇気を持って航路を開拓していった先人達の胆力にはひたすら驚きを覚えます。
壊血病は遠洋航海の中盤以降に続出する病気で、 歯齦炎、皮下出血を主体とする疾患です。 これに骨病変が加わる場合はメラ―・バーロー病、もしくは小児壊血病と呼ばれます。
壊血病はコロンブスなどが活躍した大航海時代の当初においては、 一度発症したら、ほぼ死んでしまう恐ろしい病でしたが、 大航海時代も終盤に差し掛かった1753年にやっとイギリスのリンドという人が、 この病態が新鮮なオレンジやレモンで予防できることを発見し、報告しました。 これ以降は長距離航海による死亡者が激減し、 以前より安心できる航海になって行ったとの事でした。
その時代はもちろん 必須栄養素やビタミンC等の概念は無かったので、 リンドがこの結論に至るまでには、 さまざまな食材による壮絶なトライ&エラーがなされていたのだろうと思うと、 恐ろしくも思われます。
壊血病は現行医療の治療方法としては一日にビタミンCを50~2000㎎程投与するというものになり。 現代においては非常にシンプルな治療方法で治療する事が出来ます。


【ビタミンの効率の良い摂取を!】
現代日本においてビタミンCの極端な欠乏の結果発症する壊血病を見る事は非常に稀とおもわれますが、 こうしたビタミンCの相対的欠乏に伴う、 様々な症状、不定愁訴に知らず知らずのうちに悩まされている方はよく散見する事が有ります。
しかし、ハードワーカーで有ればある程、 新鮮な野菜やフルーツを買って、家で皮をむいて食べるという手間を生活に挿入する事は、 もちろん難しくなります。 またそれが、男性の一人暮らしなら猶更と思われます。
そんな現代の船乗りとも言うべき過酷な生活をされている方々にお勧めなのが、 新宿ライフクリニックの「スーパーにんにく注射」です。 スーパーにんにく注射は僅か数分で投与できる複合的ビタミンパックになりますが、 滋養強壮のビタミンB1の他、ビタミンB2、ビタミンB6、 そして上記にその不足が壊血病の原因となると記載されているビタミンCの全てが内包され、 そのすばらしい摂取効率はサプリメントや食事によるこれらの摂取をはるかに凌駕するものです。
忙しい毎日だからこそ!厳しい仕事だからこそ! 新宿ライフクリニックの「スーパーにんにく注射」をお試しくださいませ!


用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠