腹上死と神経活動の関連について記載しております。



生殖中の死亡と自律神経

バイアグラジェネリック購入を新宿で!新宿ライフクリニック!


【生殖中の死亡と自律神経】
生殖中の死亡の報告があるのは哺乳類では我々ヒトと馬のみとされており、 他の哺乳類でこうした報告が無い事は、 性行動における自律神経活動の差異がその理由における可能性の一つです。
生殖中の死亡つまり腹上死は耳馴れた言葉ながらも、実際に遭遇した方はとても少ないです。 これの詳細に関しては下記に記述しますが、端的に申し上げるとこれは、 「男もしくはオスの性行動に関連した生命活動の停止」と表現する事が出来ます。
哺乳類以外においては、腹上死という表現は適応できないものの、 時に生物にとって生殖とは命がけの行為です。 サケのオスはひたすら川を遡上し、体力の限界という状況で生殖を実行し、 その後、亡くなっていくと言われています。 また昆虫のカマキリなどが生殖後、メスがオスを食べてしまう事が多々あるとされています。 これはメスが子供を扶育するのに必要なエネルギーになるという生物学的な側面があると言われています。
つまり自然界において生殖とは非常に重要であり、かつ危険をはらんだものです。 しかし人間をはじめとした哺乳類はその受精率の低さから性交を繰り返す必要がある種が多く、 ヒトもまたそのカテゴリーに入ります。
しかしヒトの場合は性交とは、高度に発達したソーシャリティーから、 子供を作る為だけの行為では無く、社会通念上、愛情のコミュニケーションの一つであり、 恋人もしくは夫婦において必要かつ欠かせない、リレーション構築上の重要な生理行動です。
そんな愛情に満ちた行為の最中に、パートナーが亡くなってしまう、 つまり生殖中の死亡は、特に残されたパートナーにとっては非常に大きな悲劇であり、 なにより予防すべき事態であると思われます。
そんな生殖中の死亡を動物の性行動の差異から検討した報告が有り、 本稿ではこの紹介と生殖中の死亡、また自律神経の解説、 またこうした状態の予防に関しての私見を記載しております。ご参照くださいませ。


【生殖中の死亡とは】
生殖中の死亡つまり腹上死とは、上記のとおり、耳馴れながらもその意味に関して一般性が希薄な言葉です。 端的にはこの言葉は「男もしくはオスの性行動に関連した生命活動の停止」と定義できます。
生殖中の死亡を示す腹上死という言葉はもともとは英語では無く、フランス語に起源があるとの事で、 他の表現では愛情死とも言われます。 実際にフランス語の腹上死に相当する言葉の直訳が愛情死になるようです。
人間の生殖中の死亡の原因に関しては、病態生理としては非常に様々なケースが有り、 中でも不整脈、心筋梗塞、脳動脈瘤破裂などの循環や脈管に関連する疾病が主体です。
性行動時においては、自律神経の興奮ならびに運動負荷に伴う脈拍、血圧の上昇が顕著であり、 こうした自律神経活動の変化に伴う影響は心臓や血管への直接的な影響があると思われ、 こうした上記疾患の性行動中の発生もしくは増悪に濃厚な関連が有ると推測されています。
実際に心筋梗塞や狭心症の治療後の患者さんにおいては、 運動負荷検査などの施行の元に、セックスに耐えられる身体状態かどうかを判断されるケースも有ります。


【自律神経活動とは】
性行動は生物学的には本能行動の一つとして認識されており、性交(交尾)行動、 またそれに随伴する行動、またそれを求める衝動から構成されています。
性行動自体は脊髄ならびに脳幹の中枢で構成される連鎖した反射によってもコントロールされており、 それに随伴する行動やそれを求める衝動などは、 性ホルモンの分泌など内分泌系や大脳の辺縁系における情動反応によっても調整されています。
こうした連鎖した反射においては自律神経という、おおよそ不随意な神経のコントロールが重要であり、 この自律神経活動が後述する動物における性行動のシステム上の差異を生み出している一つの根幹です。
この自律神経は基本的には内臓や心筋、分泌腺などを主に支配しているもので、 肉体にとって最もベーシカルな機能である自律機能を調整しています。
この自律神経は他の体性神経と違い、我々の意識によるコントロールを受けないため、 不随意神経系とも呼ばれます。


【動物における自律神経と生殖中の死亡の関連に関する報告】
哺乳類において生殖中の死亡、 つまり性行動中の生命活動の停止が報告されているのは馬とヒトのみとされています。 他の哺乳類でその報告が無いのは、性行動におけるシステムの差異が影響している可能性が示唆されており、 そのことに関して検討した報告が有ります。
性行動は上記の通り、ホルモンや神経の連動によってもコントロールされており、 特に自律神経系における交感神経緊張の亢進は、脈拍の亢進、血圧の上昇に影響が強く、 これらは生殖中の死亡の発生に関連している可能性が有ります。
この自律した交感神経緊張のピークは哺乳類間で差異があり、 ラットならびにイヌにおいては、それが射精時に見られ、 射精後においては、交感神経緊張は抑制され、副交感神経緊張の亢進、 つまり脈拍・血圧の正常化方向への速やかなシフトが見られたとの事でした。
一方、ヒト同様に生殖中の死亡報告のある馬においては、 こうした速やかな自律神経系の転化は確認されず。 心拍の亢進や血圧の上昇状態が遷延する傾向が見られたとの事です。 つまり生殖時における自律神経活動が長引く事によって、 その臓器への悪影響が増大している可能性が有ります。
こうした馬における性行動のシステムに関連した動態が、 人間の生殖中の死亡を説明する上で非常に重要な鍵であるという可能性が有り、 これは今後も検討を重ねるべき重要なテーマです。


【生殖中死亡の予防の為に】
それでは人の生殖中の死亡はどのように予防したらよろしいのでしょうか? 人の生殖中の死亡に自律神経の動態が関連する可能性が有ると言えど、 その発生の完全なる解明がまだであるという現状からは いまだパーフェクトな回答は無いと思われますが、
施行する意義のある対策はいくつかあると思われます。 なかでも健康診断ならびに人間ドックの定期受診による、 自身の肉体への高度な把握は、非常に大切です。
上記に生殖中の死亡原因の主要疾患として不整脈、心筋梗塞、脳動脈瘤破裂などを挙げましたが、 これらは性行動中に突然完成するものでは無く、事前にその発生もしくは予兆もしくは発達が有り、 性行動を最終的なきっかけとして生殖中の死亡に関連するものと思われます。
つまり自身の体への高度な把握、そしてそれに基づいて判明した疾患が性行動という、 自律神経機能の亢進もしくは労作に望ましくないものであると判断されるものであれば、 まずはセックスを避け、その治療に専念する事で、生殖中の死亡を避けられる可能性が向上します。
みなさま、ぜひとも健康診断・人間ドックなどの検査を受けられますようお願い申し上げます。
自律神経と生殖中の死亡の関連に関しての後報が待たれます。


written by シアリス購入を新宿で!新宿ライフクリニック!

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠