象皮症や高度肥満もまた性交の障害要因になります。



象皮症とセックスの障害

新宿でバイアグラ効能のご相談なら新宿ライフクリニック。


【象皮症とセックスの障害】
象皮症とは四肢のリンパ浮腫に付加的誘因が加わり、 象の皮膚のようになってしまって、結果四肢が肥大する疾患です。 このような身体形状の著しい変化は様々な弊害を引き起こしますが、 セックスの障害もその中の一つです。
セックスの障害は、出生率の低下、また生活の質の低下に直結した問題であり、 高度な先進社会なほど、その解決へのアプローチが重要です。
現在、世界はどんどんと二極化を進めていて、 発展途上に有る国は高い出生率が扶養家族の増加、経済的圧迫を招き、 結果として貧困のスパイラルを形成しています。 一方、先進国のカテゴリーにある国々は、 労働への長時間の拘束・人口密集による都市部の住居の狭さ、 男女の雇用機会均等化など、様々な因子が関連して出生率が低下し、少子高齢化傾向に有ります。
高度先進国においては、将来の労働人口の確保が急務であり、、 少子高齢化を増悪する方向に促進させるセックス障害は、 実態の把握とコントロールが必要な医療テーマです。
セックス障害の原因は非常に広範なバリエーションに分類されますが、 基本的には精神的な因子と肉体的な器質的因子に二分する事が出来ると思われます。
これらはED/勃起不全の原因などと大いにオーバーラップするものと思われますが、 ED/勃起不全とオーバーラップしないセックス障害特有のカテゴリーとして、 身体形状の大きな変化に伴う性交障害、つまり象皮症や高度肥満などによるセックスの障害が有ります。
本稿では象皮症を中心に身体形状が関連して発生するセックスの障害に関して記載しております。 どうぞ、ご参照下さいませ。


【象皮症とは】
象皮症とは一部上述しましたが、四肢などのリンパ浮腫に、 何らかの増悪因子の関与があって、リンパ管の増生、結合組織の増加、皮膚の肥厚・硬化が発生して、 病名の通り「象の皮膚」のように皮膚が変化して、結果的に主に四肢のが腫大してしまう疾患です。
この象皮症の発症要因における、「何らかの増悪因子」の一部には特に、 愛犬家にはご存じのフィラリア症などが有ります。 これは糸状虫という蚊などによって媒介される寄生虫疾患の一つですが、 これがリンパ系に寄生する事でリンパ液のうっ滞が引き起こされ、 結果として象皮症や陰嚢水腫などを引き起こしてしまいます。
象皮症の中でも陰部肛門直腸象皮症と呼ばれる、限局的な腫脹を示す象皮症が存在しており、 この疾患は病名の通り、陰部を中心としたリンパ浮腫を引き起こす疾患なので、 より顕著な性交障害を発生させやすいです。 この象皮症は性病性リンパ肉芽腫や梅毒が原因となって発生するとされています。
その他の象皮症の発症要因としては外傷、皮膚への放射線照射、リンパ節の切除などが代表的です。
男性に発生した象皮症がセックスの障害に関与する場合、その解決策としては形成外科的処置が有ります。 具体的には陰茎包皮を切除し、大腿部皮膚等の自家移植を施行する事でセックスの障害を改善します。


【身体形状の変化に伴うセックスの障害】
この象皮症のように、身体形状の変化が著しい場合には、 陰茎の挿入が困難な状況が派生して、結果としてセックスの障害を引き起こします。 とくに陰茎は下腹部の恥骨下面より突出しているので、 下腹部が象皮症や肥満などを原因として肥厚した場合には、 陰茎は下腹部に埋もれてしまい、その結果、陰茎を女性器に挿入する事が難しくなります。
実は象皮症のような構造的な器質的原因が無かったとしても、 高度の肥満なども下腹部の肥厚に伴い陰茎が埋もれてしまって、セックスの障害を発生する事が有ります。
こうした場合にもセックスの障害が発生しているレベルに置いては、 前述のように形成外科的解決を図る事は可能です。 しかし高度肥満は、血管内皮障害や動脈硬化からED/勃起不全を引き起こし得る事も有り、 総合的な肥満による性交不全の治療としては、 やはり肥満自体のダイエット等による改善が望ましいです。
慢性腎不全による高度な浮腫も身体形状の大きい変化に伴う性交不全を引き起こす可能性が有りますが、 その一方で慢性腎不全は肥満同様、ED/勃起不全の発生因子でも有ります。 このように複数のセックスの障害要因を持ち合わせている状態が有りますが、 その場合の解決策は単独のセックス障害要因を持つ状態に比較すると、 即自的解決が難しいケースが有り、生活習慣などの慢性的なテーマにも介入する事が必要です。


【セックス障害への対策と今後】
セックス障害への対策は、先進国においては将来の労働人口の確保にリンクした重要な案件であり、 国家的アプローチが必要です。
しかし本邦においては、セックス障害の大きな要因たるED/勃起不全に対しての治療薬、 バイアグラ、レビトラ、シアリスは保険診療の対象にならないなど、 実質的にセックス障害に対するその解決は自助努力的な扱いになっている事は否めません。
象皮症に関しても、セックス障害の解決を前面に出して形成外科的治療を受ける場合には、 保険外の扱いになってしまう可能性が有り、肥満を原因にしたものも同様です。
確かに、全年齢におけるセックス障害の改善を国がバックアップしてしまうと、 ただでさえ困窮している厚生労働省財源を更に圧排してしまう可能性が有ります。
ただ結婚しており、挙児の希望がある生殖年齢の御夫婦におけるセックス障害に関しては、 その治療に関して国からの補助が有っても良いのではないかとも思われます。
当新宿ライフクリニックにも挙児希望にて若い男性が数多くご来院されます。 当クリニックは、保険外診療でもローコストでED/勃起不全治療ができるよう心がけております。 皆様のご相談を心からお待ちしております。


written by 新宿でシアリス購入なら、新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠