自慰行為の適正化によって膣内射精障害などの性機能障害の発生を予防できる可能性が有ります。



性機能障害の予防上、適切なマスターベーション

新宿でシルデナフィル50㎎を。新宿ライフクリニック!


【性機能障害の発生と適切なマスターベーションの関係】
思春期のグリップの強いマスターベーションが、 後の膣内射精障害などの性機能障害の発生の原因となっている可能性が指摘されており、 思春期の性教育上による性機能障害の予防的介入が試験的に行われております。 そこでは思春期の段階からの弱いグリップでのスラスト運動による、 適切なマスターベーションを推奨しております。
日本人の性活動に関する統計調査においては、 日本人におけるセックスの頻度は国際比較上低いレベルになりますが、 マスターベーション、いわゆる自慰行為に関しては、 相対的にセックスの頻度を上回る傾向に有ると幾つかの報告でレポートされております。
しかしマスターベーションとは、それほどに一般的に行われている性活動でありながら、 社会的にはほぼ黙殺されているも同然であり、 その社会的、医学的、道義的な意味合いでの正しさもしくはその適切さは、 ほとんど検証されていないのが実情です。
しかし男性の性欲の有り様を客観的に捉えるに、 マスターベーションによるこれのコントロールは犯罪抑止などの意味合いも含めて、 非常に望ましい側面もあり、様々な意味合いでの節度を保持している状況においては、 問題のない性的行為と言えます。
しかし思春期における不適切なマスターベーションのある意味での習慣化が、 長じて膣内射精障害などの性機能障害発症の原因となり、 男性不妊症の原因の一つになり得るという現状においては、 ある程度、性機能障害の予防的観点立った適切なマスターベーションを指導する必要性が、 浮き彫りになってきた事は否めません。
そこでどのように、それを指導していくかという実際面の問題が出てくるわけですが、 女性と男性においてはその性欲の有り様は、 同じ人間で有りながら、かなり違うものであると言え、 母親と息子という家族関係の中で、 母親が正しい男性のマスターベーションに共感を持って、それを理解し、 息子に適切なマスターベーションを指導するのは、やはり難しいものと思われます。
そうした意味合いでは、学校教育つまり教育現場における性教育にそれを担ってもらうのが適切と思われ、 学校教育上の性教育の有り様もまた変化すべき時期に来ているのかも知れません。
本稿では思春期の不適切なマスターベーションにより発生しうる性機能障害に関して、 また実際に施行されている性機能障害の予防の為の適切なマスターベーション指導に関して、 また今後の性教育とマスターベーションの適切さに関して等、記載しております。 ご参照下さいませ。


【マスターベーションが関連する性機能障害】
思春期におけるマスターベーションが成長して後、 赤ちゃんを作るためのセックスに置いて、 その障害因子になり得る事がある、すなわち性機能障害の原因になり得る可能性が指摘されており、 実際に男性不妊症の患者さんの中には、こうした原因因子を元に発症され、受診に至る方がいます。
特に強いグリップのマスターベーションは、 実際の女性の膣内と比較すると、 男性が感受する感覚は似ているようで大きく違うものです。 こうした強いグリップでのマスターベーションを思春期から習慣的に継続する事によって、 こうした強いグリップでないと射精ができないように習慣的になってしまうケースが昨今、 散見されています。つまり強いグリップのマスターベーションは生殖の観点からは不適切と言えます。
こうした状況が実際の子作りの為の性行為において出現している場合、 膣内射精障害と診断されます。 これは男性が主因の不妊症である男性不妊症の原因としても認識されており、 その本質的に問題な点は、 こうした長年の習慣の影響下に発生した障害は、その是正が非常に難しい所にあります。 すなわち、思春期における不適切なマスターベーションによって発生した膣内射精障害は、 その治療が難しい疾患として認識されています。
まず、こうした状況下で発生する膣内射精障害は、 有効とされるメインの薬物治療に明確なモノがなく、 基本的にはリハビリテーション的な加療が中心であり、 言わば、新しい習慣の導入によって古い習慣の改善を量るような長期持続的な治療が主体となります。
こうした治療は基本的に男性側つまり夫だけでは完結せず、 女性側つまり奥さんの協力も非常に大切と言われています。
しかし前提で治療が難しいという状況においては、 こうした状況下で発生する性機能障害に対しては、 発生後の治療よりも予防的対策の方が適切と言え、 その予防的対策とは、すなわち思春期における適切な性教育的介入に他なりません。
こうした性教育上による性機能障害の予防的介入に関しては、 ご両親の性に対する考え方にも配慮する必要があり、 その施行は多数の問題をはらむ難しいものと言えますが、 実際に長野県でこうした問題に、性教育を利用した性機能障害の予防的介入を施行している事例があるので、 次項にてご紹介申し上げます。


【性機能障害予防の為の適切なマスターベーションの指導】
長野赤十字病院の泌尿器科が中心となって男子思春期教育活動を、 中学生・高校生ならびに、その外周たる父兄・教師・養護教諭などを対象に行っていると報告されております。 その中で特筆すべき事は、マスターベーションを性欲のコントロールと言う意味合いで肯定的に捉え、 節度を持った自慰行為に関しては問題ないと医学的見地から上記の対象者に啓蒙している事と、
もう一つは膣内射精障害等の性機能障害の予防を目的とした場合の適切なマスターベーションとして、 弱い握力でのスラスト運動を適切なものとして指導している事です。
名だたる教育県として有名な長野県でこうした活動が、 病院発信でされているのはとても象徴的であり、 産婦人科医師を中心として既存の性教育から、 時代にアップデートした新しい性教育の萌芽を感じささせる活動とも思われます。
適切なマスターベーションとはどこまで言っても、 その定義は曖昧になってしまう可能性が高いですが、 医学的な膣内射精障害などの性機能障害発症の予防という観点からは、 弱い握力でのスラスト運動が適切であると発信された事は、 未曾有の少子高齢化社会を迎えつつあり、 そうした意味合いでも不妊症の解決が強く望まれる本邦において、 非常に有意義な発信と思われます。


【今後の性教育とマスターベーション】
上記でも触れましたが、既存の学校教育における性教育とは、 おおよそ養護教諭もしくは基本的には女性臓器の専門家である産婦人科の医師が中心となって、 施行されてきたと思われます。
しかし男性の生殖器に関するスペシャリティは産婦人科ではなく泌尿器科にあり、 少なくとも医学的見地に置いては、女子生徒の性教育に対しては産婦人科の先生が中心となって関与し、 男子生徒の性教育に泌尿器科の先生が中心となって関与し、 それらの統合と地域・学校への適正化をその学校の養護教諭がする。 こうしたスタイルの方が、医学的見地上は隙のない男女偏りのない性教育になり、 適切であると思われます。
もちろん性教育とはこうした性機能障害の発症予防などの実地的啓蒙だけでなく、 ある意味での道徳性や正しい思想的な啓蒙の要素を持っており、 思春期にこうした教育が全国的にされているのは治安などの安定上も望ましいものです。
ただ、性教育に性機能障害の予防という視点を挿入するという試みは、 医学的には、非常に有意義なアプローチとも思われ、 例えば生活習慣病の全国的蔓延を見るに、 思春期からその予防的教育介入などをする事は、 疾病予防上も医療経済的にも適切とも思われます。
本活動の後報が期待されます。


written by シアリス処方を新宿で。新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠