日本人のセックスそしてインポテンスの傾向は?



日本人のセックス・ED/勃起不全の傾向

ばいあぐらは新宿ライフクリニック。


【日本人のセックスとED/勃起不全】
日本は今、人類史上例のないレベルの少子高齢化社会に突入しつつあり、 少子高齢化に伴い、産業やGDPなど、多岐にわたる悪影響を及ぼしつつあります。 この問題には、社会からの介入が必須とも思われ、それには、 日本人とセックスを多角的に見直す作業が不可欠です。
少子高齢化の抑制には、出生率を向上させる必要がございます。 経済的な理由や育児環境が整っていないことも原因の一つでは有りますが、 セックスの頻度の上昇やEDなどの改善にも注目すべきです。 日本人のセックスの頻度は、国際比較上もとても低く、 また、EDの有病率は、高血圧・糖尿病などの動脈硬化性疾患の頻度上昇や、 職業性ストレスの蓄積によって増加傾向にあるのが現状です。
性行為数が少なければ、妊娠もしないわけで、いかにして、セックスの頻度を上昇させるか、真面目に議論する必要がございます。

本項では、こうした日本人のセックスやEDの傾向を統計的な国際比較などを交えて詳述しております。


【日本人の傾向と国際比較】
日本には約1000万人近くのEDの人がいるとされています。 これは非生殖年齢の男性も含めた日本人男性人口約6000万人のうち、17%近くにも及ぶ莫大な患者数です。 おそらくは、生殖年齢の男性人口では更に頻度が上昇し、20%以上にも相当すると思われます。 つまり、日本人男性5人に1人はEDである可能性が有ります。

日本人のセックスの頻度は、 世界27か国12500人超の男女を対象に集計された性の国際統計調査であるGBSS :Global Better Sex Surveyによると、世界的に低頻度であるばかりか、 周辺アジア各国に比較しても少ない事が指摘されています。
この統計調査を施行した27か国の中では、日本人の少子高齢化の傾向は極めて高く、 出生率を増加させなければならない状況にも関わらず、セックスの頻度が極端に低いという、 非常に憂慮すべき状況にあります。

こうした状況の一因としてEDがあり、 セックスの頻度が低下してまっている傾向もあると思われ、 逆説的には、ED治療を社会として積極的に勧める事によって、 この状況は改善し得る可能性が有ります。

ちなみに、上記統計上、勃起の硬さが十分な男性では、不十分な男性に比較して、 セックスなどの性生活のみならず、恋愛全般・健康全般に高い満足を感じている人の頻度が高く、 EDの改善は日本人男性にとって、生活全般のクオリティを上げる可能性も示唆されています。

食生活の欧米化、交通機関の発達に伴う運動量の総体的低下に従い、 EDの原因となる糖尿病・高血圧・脂質異常症などの動脈硬化の原因疾患の罹患数は上昇傾向です。 また、ストレス社会と評されるほど、現代人は様々なストレスに暴露されています。 これもED患者数の増加に拍車をかけています。 日本人の労働環境は国際的にもストレス性が高いとされており(就業時間の長さ、長期休暇の少なさ等) 、仕事上のストレスもEDの原因となります。

つまり、日本人におけるEDの原因は、今後、増加傾向にある可能性が高く、 その結果、将来的に日本人のEDは、今以上の罹患頻度になってしまう可能性が有ります。 それは、もはや国民病とも捉え、対策をする必要があると言える規模です。


【今後】
日本社会として、EDの予防的・治療的対策は不可欠です。
EDの効果的治療薬であるバイアグラ・レビトラなどは、 保険外診療扱いとなっており、セックスの頻度に合わせた投薬というのは、総じて高額になってしまう傾向が有ります。
不妊治療における補助金のあり方について議論されております。 しかし、残念ながら、男性不妊の最大の原因であるEDに関しては、その議論に加わっておりません。
少子高齢化抑制・改善の社会的介入を行う上は、 ED治療薬は、何らかの助成金を付与するか、条件付きであっても、保険診療での取り扱いが可能になる事が望ましいと考えます。 現状では、国民皆保険制度による全人的な医療の恩恵に、全くあずかっておりません。

また、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの、正しい情報の提供が必須です。 偽造品によるインターネット通販等のアンダーグラウンドビジネスの影響や、 インターネットなどの間違った情報の氾濫が、普及の妨げになっているのは間違いありません。

また、女性職員率の高い医療施設や、男女混合の診療システムは、 男性のナイーブな悩みを打ち明けるには、環境として難しい傾向が有り、 こうした「受診のしやすさ」など、 医療サービスとしてのプライバシーに対する配慮が、日本人男性のED治療状況を改善する可能性が有ります。 受診環境の適性化も、少子高齢化抑制の社会介入上、望ましいと考えます。


written by れびとら処方なら新宿ライフクリニック.

用語集文献の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

ランキング
  1. 性交性出血
  2. 性交性頭痛
  3. 日本人男性のオナニー
  4. 夢精
  5. 膣痙攣
新着情報
定番ページ情報

違い 詳細

  • 青錠
  • 橙錠
  • 黄錠